アナザー ソウル Blog Site
Another Soul is soul & Fusion Band of Nagoya city and more

メンバーについての雑感〜坂井カバ男さん〜
 バンドマスターの古田です。
 今日はドラムの坂井カバ男さんについてお話しようと思います。
 彼はその昔、伝説的なソウルバンドであった「アップタイト」のドラムをつとめ、その後は20年以上の歴史を持つ名門「バレーボールズ」のドラムを現在に至るまでつとめられ、最近ではシカゴ・ブルースの大御所、カルロス・ジョンソン氏が来日した際の西日本ツアーメンバーとしての名演の記憶も新しく、ドラマーとしてはあまりにも知られた人なので、今日は彼のそういった面についてのコメントは割愛させていただきます。

 彼とわたしの出会いは、もう10年前にさかのぼります。当時わたしが勤務していた事務所が入っていたビルの庁舎警備を彼が所属していた警備会社がしてくださっており、彼はその班長的な役割でした。
 はじめはお互い音楽をやっているとはまったく思っておらず、わたしは彼をきさくでにこやかな警備員の方としか思っておりませんでした。
 しかし、共通の世界があることを知った後はあっというまに意気投合し、年齢の差を越えて親交を深め、現在に至ります。わたしと坂井さんの関係は、音楽的にはたとえるならば「名古屋の『ベイビーフェイス』と『アントニオ・LA・リード』」といったところでしょうか?(ウソです、すいません、もう言いません・・・)

 そして彼はミュージシャンをしている時、警備員をしている時、それ以外の時を問わず、なぜか相当モテます(「なぜか」は失礼だな。。)このバンドのコンセプトのひとつに『すねに傷を持つ大人の男達にもひとすじの希望の光を』というものがありますが(???)、まさに彼はそれにふさわしいと言えるでしょう・・。
 女性の方で、わたしたちのライブにおこしいただいた際には、ぜひ彼をつっついてみて、彼の魅力の謎に迫ってみてくださいね、ふふふ。
[ author : Furuta | メンバー日記 | 2007.11.07 Wednesday | 23:59 ]

>> comments(1)  >> trackbacks(0)
キーボードケース
 キーボードの古田です。
 今日はマニアックな話ですいません。。
 先日、これまで持っていた88鍵盤用のセミハードケースを公共交通機関を使って名古屋の中心部まで運び、これを下取りに出して、すでに発注してあった同じく88鍵盤用のソフトケースを購入してきました。。
 なぜ「公共交通機関」を利用したかというと、セミハードケースがわたしの車に載らないからです。とはいえ、それを購入したときは同じ車に積んできたはきたのですが、今となってはなぜそれができたのはわかりません、いずれにしてもそんなことを繰り返していたら、やがてわたしの車が破壊されるのは火をみるより明らかでした。

 一般にバンドなどで使われるキーボードには61鍵盤、88鍵盤などいくつかの種類があり(最近は主にパソコンなどと接続して使うより鍵盤数の少ないものも多くあります)、これまでわたしはリハだけではなく、本番でも10年近く愛用している61鍵盤を使ってきました。
 しかし、12月8日のライブでは、この61鍵盤の他に本物のピアノと同じ鍵盤数、鍵盤規格である88鍵盤もどうしても必要になり、部屋に据え置き状態になっていたものをライブに持ち込むことにしたのです。

 翌日、購入したソフトケースにわたしの88鍵盤ヤマハP−120を入れ、わたしの車に搭載する訓練を実施、無事ライブ会場に輸送できるめどがたちました。

 一般に88鍵盤は大きく重量もあるのでソフトケースでの持ち運びは推奨されません。しかし、今回のような急場で限定的に活用するときには非常に役に立ちます。これを製造してくださっている、メーカーのみなさんに心より感謝いたします。
 
[ author : Furuta | メンバー日記 | 2007.11.06 Tuesday | 20:54 ]

>> comments(0)  >> trackbacks(0)
日間賀島へ渡る その3
kingです。
 皆さんご存知、釣り上げた魚は真鯛です。で、昨日は刺身とアラ煮。今日は、イタリアンでワイン蒸しです。簡単なレシピは、鯛をガーリックとオリーブオイル・唐辛子でソテー、ワインで煮込む(蒸す)、一緒に煮込むのはアサリ・海老・キノコ・パプリカ・バター・その他…。付け合せはペペロンチーノとガーリックトースト。
 出来立てを食べるのは家族です。食べる顔を想像しながら調理は進みます。誰のために作るのかが料理の場合とても大切です。
続きを読む >>
[ author : ans-rights | メンバー日記 | 2007.11.06 Tuesday | 20:51 ]

>> comments(0)  >> trackbacks(0)
日間賀島へ渡る その2
KINGです。
 今日は、船釣りに行ってきました。サイト制作の取材&実体験のためです。お仕事です!…という口実で半日楽しんできました。
 私の場合、経験主義者なので、興味を持ったことは先ず実践!いろいろな経験が、人間的にも音楽的にも仕事に対しても“味”が出るんだろうと考えています。 今日の経験をもとに、今度のライブでも良い味が出せると良いですね。
 今日は表現者たる者としての勉強をしてきました。(…嘘・遊びに行っただけ)


写真コメント:嬉しいとメガネが落ちるんです!

[ author : ans-rights | メンバー日記 | 2007.11.05 Monday | 22:12 ]

>> comments(0)  >> trackbacks(0)
古田です
 先日、大阪ブルーノートあらため、大阪ビルボードライブに行ってまいりました。仕事が終わってから、そのまま名古屋駅に向かい新幹線に乗り、ライブ終了後は大阪梅田の24H漫画喫茶で仮眠し、翌日はまた職場へ直行。。

 この日は、サルサの大御所の1人ラリー・ハーロウ氏(ピアノ)が、13人のそうそうたるメンバーを連れての来日ライブ、サルサファンにとっては非常に貴重な機会。
続きを読む >>
[ author : Furuta | メンバー日記 | 2007.11.03 Saturday | 16:06 ]

>> comments(0)  >> trackbacks(0)
メンバーについての雑感〜飯野光君〜
 バンドマスターの古田です。メンバーについての雑感で、誰からお話ししようかと考えたのですが、見た目とキャラのギャップが激しい人物からにしようと思い、光君からお話しすることにします。

 名古屋が誇るラテンバンド「Cuba Shinogi」他いくつかのバンドで活躍する現在飛ぶ鳥を落とす勢いのパーカッショニストです。ティンバレスが専門のようですが、コンガやその他も魅力的です。技術もさることながら、自分が演奏する曲を、スタジオから抜け出してひとつの世界に誘う才能をもったパーカッショニストです。演奏する姿がまたかっこよく、ひそかに女性ファンも多いようです。。。
続きを読む >>
[ author : Furuta | メンバー日記 | 2007.10.29 Monday | 00:51 ]

>> comments(0)  >> trackbacks(0)
古田です。
 バンドマスターの古田です。最初のうちだけこの肩書きをつけようと思います。
 うちのバンド、2005年2月に立ち上げてから実に2年半以上ウェブサイトがなかったのですが、ようやくこのほどサイトがスタートしました。
 今後ともよろしくお願いします。
 ブログとして書くことはたくさんあるのですが、サイトもスタートしたばかりなので、メンバー紹介の欄に付記するような感じで、各メンバーについてぼちぼちと、独断と偏見でお話していきたいと思います。内容に不満のあるメンバーの方は、コメントを書き込んでください、ふふふ。。
[ author : Furuta | メンバー日記 | 2007.10.29 Monday | 00:14 ]

>> comments(0)  >> trackbacks(0)
日間賀島に渡る その1
 Kingです。先日、仕事の打合せで日間賀島へ渡りました。
 打合せ終了後、釣りのポイントを探しながら海岸をぷらぷらしていると、時はもう夕暮れ。結構風情のある光景だったので写真を撮っておきました。

 ところでバンドの原君作曲の“Legend of Marmaid”という作品があります。曲の詳細は今度原君にお願いすることにしますが、ようするにテーマは海なんです。
 夕焼けを見ながらこの曲のことを思い出していました。バンドの志向性として、風景が描かれる演奏を目指そうという部分があります。12月のライブでも、こんな風景のイメージも皆さんに伝わると良いかなと思います。
[ author : ans-rights | メンバー日記 | 2007.10.23 Tuesday | 15:32 ]

>> comments(0)  >> trackbacks(0)
RECENT COMMENTS
Search this site
LINKS
愛知県 ホームページ制作 有限会社ライトスタッフ
ギター教室
携帯用QRコード
 当サイトは携帯からもいちおう閲覧できます。
 QRコードの読み取りで簡単アクセス!

 PC用のURLを直接打ち込んでもOK!